0725-20-1234
診療時間/9:30~13:00 15:00~18:30

〒595-0025 大阪府泉大津市旭町23-44
地図

泉大津市の歯科/インプラント,審美歯科(ホワイトニング)/中南歯科医院

診療案内

ご利用料金
HOME»  診療案内

はじめに

はじめに

当院では、皆様の健康を守り、増進するお役にたてればと、スタッフ一同、治療に取り組んでおります。ウ蝕(いわゆるムシ歯)や、歯周疾患、顎口腔機能異常などに対し、問題点をご説明し、治療にあたらさせていただいています。当院では、ご自身の持つ自己修復機能(再石灰化や免疫機能など)を最大限に生かせるようお口の中の環境を整え、疾患に陥りにくい状態になっていただけるよう努力しております。

特にウ蝕に関しては時間的要因を重視し、初期のウ蝕はその変化を観察し、進行の緩やかなものに関しては経過を観察、管理するにとどめ、進行の速度の速いものにのみ処置を行うようにしております。「人工物は必ず壊れる運命にある」と考えており、過剰な処置は控えるのはもちろんのこと、修復は処置による侵襲(削ることによる傷害)も最小限に止めるように考えております。

また、3ヶ月に一度程度の口腔ケアを通じて、口腔内の変化に対応できるようにしております。残念ながら、皆様が健康でいらっしゃいますのを私たちは歯科治療を通じて、お手伝いすることしかできません。健康を守り、増進する主役は皆様ご自身でいらっしゃいますことをご理解いただければ幸いです。
もっとも大切なのは、治療を行うか、経過を観察し自己修復機能による回復を待つかの判断であると考えており、いったん治療介入が必要と考えられ、処置を決定した後は、徹底した処置管理を行いたいと考えております。処置は十分な時間をかけ、生体親和性の高い処置材料、修復材料を用い、印象や作業模型作製においても精度の高い材料を用いるように考えております。残念ながら、健康保険の適用となる処置には厳しい規定がありますので、皆様に提供できる治療に制限が出てしまいます。従いまして、私たちの考える皆様にとってより良い処置は自費(健康保険適用外)による治療が中心となってしまいます。むろん、健康保険適応範囲内の処置にとどめることも可能ですので、ご相談いただければ幸いです。

ウ蝕処置

いわゆる、ムシ歯と呼ばれる、歯の実質欠損(歯が失くなってしまった部分)を充めたり、被せたりすることで、歯本来の形に回復して、審美性と機能を維持させる処置です。
比較的小さな実質欠損は直接削った部分にハイブリッドレジン(セラミックとプラスチックを組み合わせた修復材料)を充めることで、審美性の高い治療が行えます。(症例:Direct Filling)
やや大きくなると、実質欠損の形態を型どりし、部分的に修復材料をセメントで止める方法で修復処置が行えます。利用する材料もハイブリッドレジン(症例:Hybrid Inlay)やセラミック(症例:Ceramics Inlay)などがあります。
歯髄(歯の神経)までウ蝕がしていて歯髄の処置を行った場合など、さらに実質欠損が大きくなると、補強が必要となりグラスファイバー樹脂の心棒とグラスファイバーの繊維を含んだレジンで土台を立てる場合があります。(症例:Fiber Core)
歯髄の処置を行ったり、大きなウ蝕のために充める方法では強度的に問題がある場合には、被せる方法で処置します。利用する材料は、金合金の芯材の周囲をセラミックで覆った(一部金属が見えます)もの(症例:Ceramometal Crown)や金合金の芯材の周囲をハイブリッドレジンで覆ったもの(症例:Hybrid Cr)、芯材にもセラミックスを使ったもの(症例:All Ceramics)、芯材にジルコニアを使ったもの(症例:Zirconia Cr)、金合金(症例:Gold Cr)などがあります。強度と審美性の兼ね合いで適切な材料を選択いたします。

欠損補綴

歯が生えてこなかったり、抜いたりしたことによって、歯が無い場合に、人工物によって補うことで、審美性と機能を回復させる処置です。
大きく分けて、前後の歯の修復物などと連結することで無い歯を補うブリッジや、顎の骨にチタンなどのネジを植えてそのネジの上に冠を繋ぐインプラント、あるいは取り外しのできる義歯など3つに分けられます。
ブリッジはその使う材質によって、金合金で中心部を造り、その周りをセラミックで覆ったブリッジ(症例:Ceramometal Bridge)や、芯材にジルコニアを用い、その周りをセラミックで覆ったブリッジ(症例:Zirconia Bridge)などがあります。
インプラントはチタン合金のネジを顎の骨に固定させ、その上に連結体をネジ止めし、さらにその連結体に冠を被せる方法です。周囲の歯を削る必要が無く、また義歯のように取り外して清掃する必要がなく、ほぼご自分の歯と同じように使っていただけます。被せる冠はウ蝕処置でご説明している被せる方法で使用した材料はほとんど利用できます。(症例:Implant with Hybrid Cr)

歯周疾患

歯肉や歯槽骨など歯を支える回りの組織が炎症などによって、腫れたり膿を出したり、ぐらついたりする疾患です。当院では基本的に歯周疾患に関しましては、健康保険による治療を行っております。一部、健康保険の範囲内で行えない手術などに関して、必要と考えられた場合はご提案させていただいています。治療終了後のメインテナンスは3ヶ月に一度お越しいただくことをお勧めしております。代表的な慢性疾患である歯周病は不断のケアが必要であると考えています。
健康保険の治療では行えない、高度で丁寧な機械的歯面清掃、外来色素沈着の除去、イオン導入法によるフッ化物の歯面処理、歯肉マッサージなど様々な施術を組み合わせた、お口をより美しく健康にするためのトリートメント・ケアも行っています。

顎口腔機能異常

噛み合わせのズレなどから引き起こされる顎の位置異常や、それに伴う歯ぎしり等が原因となっておこる顎口腔系の異常、たとえば朝起きたら口が開かなくなっていたとか、顎の関節から音が鳴って痛みを伴うとか、側頭部から頸部にかけての筋肉の強張りと痛みなどに関する治療も臨床生理咬合の立場から行っています。
症状の緩解は健康保険の範囲内のバイトプレーンによる処置などで行えることが多いのですが、原因となっている噛み合わせのズレを正し、安定した咬合を与えるためには、非常に正確な技工操作(修復物をつくったりする技術)などが要求され、一回の治療にも時間を要しますので、健康保険適用外の治療となる可能性が高いことをご理解ください。

咬合育成

おもに小学校入学前から中学校卒業までの子どもを対象にした、筋の機能訓練や様々な装置を利用して、正しい噛み合わせに育ってくれるように介補助する治療(症例:Buring Up of Occlusion)です。歯列矯正治療との違いは、あくまで筋機能訓練などによって自分自身が悪い習慣などを改善していくことで、正しい口腔機能を身につけ、正しい成長発育に近づけていくことにあります。従いまして、訓練を正しく行わなかったり、装置を正しく調整・装用しなかった場合には、正しい噛み合わせにはなりません。
いわゆる歯列矯正治療は当院では、ブリッジを作成する前に歯の方向を変えたり、咬合治療の際に部分的な歯の位置異常をなおしたりする、歯並び全体の矯正でない、部分的な矯正のみを行っています。全体的な歯列矯正が必要と考えられるような場合には、歯科矯正の専門医をご紹介させていただいております。

トップへ戻る